ホーム > 一般の皆様 > インプラントとは?

インプラントとは?

従来の治療法とインプラント治療の違い

従来の治療法
インプラント治療
歯が1本抜けた場合 健康な歯を削るのが嫌

ブリッジ
歯が一本抜けた場合、両隣の歯を削ってブリッジにします。

歯の抜けた所へインプラントを埋入。周りの歯は削りません。


奥歯が数本抜けた場合 入れ歯に違和感を感じる

部分入れ歯
金具で固定するため、支えている歯に負担がかかってしまう。

入れ歯を固定する金具がないので他の歯に負担をかけません。


歯が全部抜けた場合 入れ歯が口の中で動く

総入れ歯
噛みづらかったり、発音・発声に不便を感じる場合があります。

数本のインプラントで入れ歯をしっかり固定。ズレる心配がありません。


インプラント治療の流れ

STEP 1 診断と治療計画
まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。
STEP 2 インプラント手術
歯が抜けた所へインプラントを埋入。あごの骨にしっかりと固定されるまで、3〜6ケ月待ちます。
STEP 3 人工の歯の取り付け
インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。
STEP 4 完了
治療後はアフターケアとして正しいブラッシングを行い、歯科医の指示に従い定期検診を受けてください。

インプラント Q&A

インプラントの素材は何ですか?
体内での安定性が非常に高いチタンに、骨とのなじみをさらによくする表面処理を施した素材を使用しています。チタンがアレルギーを引き起こす確率は非常に低いです。
治療費はどの程度かかりますか?
インプラントの埋入本数、使用する素材、手術方法、医療設備などによって変わってきますので、費用については、治療を行う前に歯科医からの説明をよく聞いて、不明な点は事前にしっかりと質問してください。
また、インプラントは医療費控除対象となります。
医療費控除とは、自分のその生計をひとつにする親族の年間医療費が10万円(所得合計が200万円までの方は所得合計額の5%)を超えた場合、確定申告時に治療費の領収書を提出することで、税金の還付が受けられる制度です。
インプラント治療は誰でも受けられますか?
年齢の上限はありませんが、骨の状態によっては、治療を受けることができない場合があります。他の病気や健康状態によっても受けられない場合がありますので、歯科医とよく相談し、きちんとした診断を受けてください。
治療期間はどのくらいですか? その間の歯は?
インプラントの本数、上顎か下顎により治療期間は異なりますが、インプラントが周囲の骨になじみ、人工の歯をかぶせるまでに約3〜6ヶ月かかります。治療中は仮歯や仮の入れ歯を入れるので食事や会話に支障はありません。
インプラントの耐久性はどのくらいですか?
長持ちさせるためには、自分の歯と同じように毎日の手入れが必要です。指導されたブラッシング方法で磨き、定期的な検診は必ず受けましょう。
手術後、注意することはありますか?
手術自体は麻酔をして行うので、ほとんどの場合、痛みもありませんが、術後1〜2日、痛み・腫れが出ることがあります。歯科医の指示に従い、食事も固い物を避けるなどの配慮をしましょう。


ページの先頭へ