ホーム > 医療従事者の皆様 > POI EXシステム

POI EXシステム

Expansion

豊富なフィクスチャー・ラインナップにより、部位に応じた選択ができ、より自然なエマージェンスプロファイルを獲得できるようになりました。

Versatile

フィクスチャー・カラー部の高さに3種類のバリエーションをラインナップし、同一術式で1回法、2回法を選択できます。


Fixture Specs

テーパータイプ・フィクスチャー

隣在歯の歯根が近接している部位や、幅の狭い歯槽堤においても容易にフィクスチャーを埋入できます。
歯槽骨壁への穿孔を防ぐ傾斜埋入も行いやすくなりました。
先端が歯根形状をしており、またスレッドデザインが先端に行くほど高くなっているため、骨質の柔らかい症例、前歯部、抜歯窩への症例に適応していただけます。

ストレートタイプ・フィクスチャー

根尖付近の骨量に問題がない場合や、骨質の硬い症例に適応していただけます。
スタンダードな症例におすすめします。


インターナル・ジョイント・システム

POI EXシステムは、インターナルHEXを採用しております。
嵌合部の最大回転公差は以下のとおりとなっており、印象精度やインプラント体と上部構造の嵌合を最大限に高めております。

■フィクスチャー直径における回転公差

フィクスチャー直径 3.7mm 4.2mm 4.7mm 5.2mm
回転公差(最大) 2.3° 2.1° 1.9° 1.8°

表面処理

FINAFIX / FINATITE

POI EX 構成図(φ3.7mm)

フィクスチャー直径はφ3.7mm、φ4.2mm、φ4.7mm、φ5.2mmの4種類をラインナップしています。

FINAFIX

※1 ストレートポストは、フィクスチャーとの接合部を歯肉縁上に設定した場合にのみご使用いただけます。
適応フィクスチャータイプ…M、L(フィクスチャータイプSは適応外)

※2 ジルコニアアバットメントとアタッチメントメールは、φ3.7mm、φ4.2mmのみのラインナップとなります。



ページの先頭へ